スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳 広司著「トーキョー・プリズン」

百日咳なのか?みたいなものに罹りながら、休養中ですーな状況にかこつけて本読んでました。
いやーほんとなんだろう、この咳。今日病院いったら、気管支拡張剤まで貰ったんですが。
「咳の音を聞いてるとね、なんだか深いから。」とのこと。
ちょっと長引きそうだから、あんまり考えないことにしました。

さて。昨日読んだ本。

柳 広司著:トーキョー・プリズン
トーキョー・プリズン (角川文庫)トーキョー・プリズン (角川文庫)
(2009/01/24)
柳 広司

商品詳細を見る


未だ文庫本になっていない、ダブルジョーカーを楽しみにしているくせに、私はこの人の本を読んだのはこれが初です。

舞台は戦後まもない日本。
未だ生々しく焼け野原の残る東京に、ニュージーランド人の私立探偵フェアフィールドがやってくる。
目的は、巣鴨刑務所に訪れ、戦時中に消息を絶った従兄弟の情報を得るため。
そこで、刑務所内部を公開する条件として、囚人である貴島悟という頭脳明晰な男の記憶を取り戻すよう任務を命じられる。
自分の従兄弟探しと、囚人の記憶探し、そして刑務所内で起きる謎の服毒死事件の間で、だんだん見えて来る戦争の暗部。そして戦後日本の暗部。

という、お話です。
適当なところで紹介を切ってしまいました。

全体的に「面白い!」というよりもなんていうか、ポップではないので「読んじゃうなー」という感じの面白さ。
非常に興味深いのは、日本に勝ち優位に立ったアメリカがまったく理解できない日本人の価値観。フェアフィールドが情報に困って現地人である日本人と行動を共にしますが、とにかく「死」というものに関しての価値観が真逆であることにフェアフィールドは戸惑います。

「我々は、子供の頃から「死ね」と教わってきたんだ」


という日本人の頭の中は、「生きて帰ってこい」と言われるアメリカには全然分からない感覚なのでしょう。「生き恥」なんていうのは、本当に日本の価値観だと思います。それに相当する英語ってあるのだろうか?

そして、アメリカ人看守に守られる巣鴨刑務所に収容されている「戦犯」とされる日本人の中で、政治犯として置かれる老人達。「一体誰が戦争にGOを出したのか?」と問うアメリカ人に対し、彼らは一様に「私じゃない!私は上に従ったまでだ!」という。じゃぁ、上は誰なのかというと、「天皇」であるらしいと。外国人の方々には一種異様な「天皇」という存在。しかしその「天皇」は、さらに「穴の奥の声を聞いてそれに従った」という。アメリカ人にとっては、

「え?じゃぁ、誰?責任が誰にあると思って、こいつらはためらいも無く突っ込んできて死んだりするの?」

と、全く持って不可解。
言葉が双方に伝わってないのもありますけれど、やっぱり日本人てこう書かれると独特なものなのかもね・・と思う。日本は負け、焼け野原になり、沢山の孤児が生まれ、誰もがなにをして良いのか分からない、誰かに責任があるなら皆力一杯それを詰れるような状況で、天皇陛下が車で視察に来た際には

「負けちゃってすみません。ごめんなさい。」

とそこらの国民が涙を流して天皇陛下に土下座する。そんな光景を「だって、国の象徴だもの、天皇陛下は」と言った所で、外国人には「え、だって人でしょ?」となるのは当たり前だなと思います。


そういった価値観の違いを「なるほどなぁ・・」と思いながら読んでたらあっという間に読み終えてしまいました。また、私には遠過ぎて新聞くらいでしかお目にかかることのない「天皇陛下」という存在。改めて考えるととても不思議なその存在の「仕方」というか、「心の置き方」というか、そういうものってどうご本人はとらえて、存在し続けていらっしゃるのかな、と思いました。とても大変な事だと思います。「大変なんだろうな・・」と思うくらいしか出来ないことですけれども。生まれながらに「象徴」って、一体どういう事なんでしょうね。深淵すぎて、わからないです。

ラストは意外です。

あと、貴島悟はある意味面白いヤツです。
というか、ものすごく理屈っぽく、いつも上から目線な友人に似ていた。でも私はそいつは嫌いじゃないんだな。なんでだろう。
だからこの貴島さんも、私は嫌いじゃない。

この本の感想は、「うーん、ここまで読ませるなら、ダブルジョーカーはすごい面白そうだ!」という予感を私に感じさせてくれた、というところでとても良かったです。




theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。