スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百田尚樹著「永遠の0」

空手に行ってきました。

下弦の月、っていうんでしたっけ?左下に傾いた三日月っぽいのは。
でかかったー。稽古帰りの疲労をひきずってぼーっと見ながら帰ってきました。


今日は「永遠の0」百田尚樹著、を読みました。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


これは・・・・

ああ、もう本当に戦争は嫌だ!!!!


と思う本でした。
この間読んだ「トーキョー・プリズン」は戦後の日本の話。
この「永遠の0」は戦時中の兵士たち(神風特攻隊)のお話。

ああ、戦時中の兵士の話は、どれを読んでも辛い。




あらすじは・・・
戦時中に神風特攻隊として散り、なにも情報の無い祖父の軌跡を求め、孫の2人が当時の祖父の同僚に話を聞きにいき、その当時の軍隊の凄惨さを知る話です。

「トーキョー・プリズン」の時の読書感想にも書きましたけれど、日本人の「生き恥を晒すな」「玉砕はむしろ誇りに思え」という精神。武士道からきてるのでしょうけれど、その精神をもつ下級士官たちと、上官達のあざとさと、なんと隔たりがある事か。とてつもない人数が、上官の思惑の上に犠牲になり、それでも誇りを捨てずに散っていった、そのやるせなさ。

神風、というものが如何に戦局に対して無意味であったか。
もちろん、神風特攻隊として散った命を無意味だったというわけではありません。
ただ、こんな作戦では少しも米軍に打撃は与えられず、むしろ若い命が散るばかりと皆が知っていながら上官の命令に従い行ったことであった事。
なんとなく、浅い知識の中で、あの神風特攻隊の編成は日本が負けるギリギリのところで物資・燃料もなくなった日本の最後の抵抗だと知っていましたけれども、その「神風特攻隊」の中にもいろいろな種類があり、さらに非道な部隊もあった事、それに抵抗した数少ない上官がいたこと、神風の為に集められた学生達が戦闘機の操縦もままならないまま、生きて帰れない戦闘機に乗り笑顔で散っていったこと、そんな切ない事をこの本で知りました。

涙が止まりませんでした。

誰が悪いのか。
戦争という中で誰というのを明確に示すことはできません。
誰かが誰かの泥を被っていたりする。
新撰組で近藤勇のために隊士の憎しみの矢面に立った土方歳三のように。

今、戦争になったらどうなるんだろうと思います。
中性子爆弾なるもの、生物のみ殺す爆弾。あれが落とされたらひとたまりもありませんし、あれこそ人間を最も軽んじた爆弾であると思っています。それで物資だけ使おうっていうんでしょう?最悪です。

私にとって、8月って14日が私の誕生日なので小さい頃は楽しみな、今ではちょっと鬱入る(歳は取りたくないですもの、やっぱり)月な筈なのですけれど、なにせ14日ってお盆だし、次の15日は終戦記念日。私にとっては誕生月というより、戦争というものが終わった月である事の方が昔から強かった。というかね、自分の誕生日に興味薄い子供でありました。

作中にもありましたけれど、戦争で兵士として戦った世代は、終戦後にその戦争での思いを引きずりながらも日本を復興した凄い世代なわけです。神風特攻要員の生き残りの方が作中で言ってますけれど、だれもあの経験無くして同じ思いを語れないです、本当に。
負ければ賊軍、ではないですが、やっと生き残って帰ってきた兵士たちには「戦犯」というレッテルが待っていました。本国でどうなることかと待っていた人々もいきなりの「日本は負けます」という宣言で唖然とし、やはり情報操作による概念が植え付けられ、「負けて生きて帰って来るとはこれ生き恥なり」という思想もあったのでしょう。

どれほどの人がそんなバカバカしいことを本気で思っていたのか。


それを「バカバカしい!生きて帰ってきたのなら素晴らしいことではないか!」と声を大にして言えない風潮。そういう思想の操作が、私はすごく怖い。だって、絶対私だってその場にいたら声を大にして言えないと思う。


私は、神風特攻隊の生き残りの方たちもそうですが、それ以外で、たとえばネットで公表される悲惨な体験や事件に対して、その被害者に対して心ない弾叫をする事って、一番人間味の無い事だと思います。
誰だって他人の体験にシンクロすることはできません。
「だって、この段階でこーすればいいじゃん」
というのは、文字として平静な中で何かを読んでる人の意見であって、その人は出来なかったのでしょう。
出来なかった理由が分からないまま、ただ気持ちを文字にして否定・非難するのはすごく貧しい心のような気がします。

それがさらに最近では「あざ笑う」だけの文字を残す人もいる。
大多数の人がそれをみて不快になるのではないでしょうか。
でもそれを文字としてあざ笑わずにはいられない人がいる。
こういう人は神風特攻隊であった人にも言うんだろうと思います。
「そんなの無理って部隊を抜けちゃえばいいじゃん」って。

私にはわかりません。そう書く気持ちが。

さらに、いろんな事を「厨二病」と括ってしまう人の気持ちも分かりません。
辞めましょう?なんかすごく悲しいですよ。


あ、話ズレましたけど、大作でした。
しみじみ、戦争は嫌だと思います。
同じ日に敵として戦闘機に乗っていた米軍の軍人と、終戦後に敵味方関係なく話したくだりを読めば、みんな優しい気持ちになるんじゃないかな。

それにしても、コレを読んでいろいろ考えてしまって赴いた空手の稽古はバッチリ

「組手三昧」

でやんした。のっけから戦意喪失でやんす。


次はねー、雫井修介さんの新作だー!「ビター・ブラッド」楽しみ!
明日読もう!

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。