スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川浩「海の底」 長田弘「深呼吸の必要」

有川浩著「海の底」
海の底海の底
(2005/06)
有川 浩

商品詳細を見る


これ、すごい面白かった!
しかし、買う順番を失敗して、もう一つ出てる「空の中」というのはこれの前に出ています。
話は全然繋がっておらず別物だけど、なんとなく出版の時系列で読みたかった。
なんでかなぁ。なんかこの「海」という字に惹かれた、のかしら?



これはですね、ある日いきなり巨大化したエビ(ザリガニ?)が横須賀基地から上陸してパニックになる話です。
一般市民に内部公開するために停泊していた潜水艦に、避難したままになる13人の子供と海上自衛隊員2人のお話。
警察の機動力ではどうにも太刀打ちできないエビによる無差別殺戮で、警察側の死傷者多数。
だったら自衛隊が起動しないと!と思うけれど、なんやかんやの縄張り意識やつまらないメンツの為に案の定対応が遅い上層部と自衛隊。

この本が面白かったのは、巨大エビが襲来してパニックになることではなくて、潜水艦の中に取り残された13人の子供と海上自衛隊員2人の、避難生活の中での心境の変化。

巨大エビに殺されたり(食べられたり)する描写はエグイですけれど、それぞれなんとか報われているというか、見殺しにしないように身体張って部下を救出する上司がいたりするので、突然の訳分からない襲来に焦点をあてているというよりは、人の心情に焦点が当てられてて良い本です。


私、この本読んで

「ああ、これはどこかで観た事あるぞ」

と思って思い出したのが「the 地球防衛軍」というゲーム。

巨大なアリが!
21redant2.jpg



こんなに群れなして・・・。
050921wall-gr.jpg


羽アリとか、蜘蛛とかもあります。
20heavensgate.jpg


この本はエビでしたけど、地球防衛軍というのはまったく同じコンセプト、つまり「巨大生物来襲!」なわけです。

私、虫がなにより駄目で(現状、自宅ドアの前にひっくり返ってないアブラゼミが落ちているので今日は外出してないくらい)これもプレイするのはちょっと駄目かもなー・・と思っていたんですけれど、

なんか・・・・

量が多すぎると慣れるというか・・・・

ともかくプレイ始めて10分くらいでガンガンつっこんで行ってました。
(そして蜘蛛の大群に襲われて粘着質の糸でがんじがらめにされてなぶり殺された

この海の底という本の世界感はまさにコレです。


しかしね、もし何かが巨大化して襲ってくるなら、私はアリとゴキブリが一番手強いのではないかと。
クマムシも嫌ですけど。(硬くて)>クマムシ(wiki)
アリが歩いてるのを観ると、しんどいハズの高低差を同じ速度でツルーーーッと走っていくじゃないですか。
アリが新幹線くらいの大きさになったら、新幹線より早いだろう、とどこかで聴いた事があります。
しかも足一本くらい取れても「なにか問題でも?」って感じで気にもせず歩くのが怖い。
なので、たまにアリを見かけると

「小さくて、ホント良かったなぁ・・」

としみじみ思います。ゴキブリもしかり。
でもゴキブリはもうあと半分以下くらいの大きさで良いのではないでしょうか。今のままでも充分脅威です、私から観ると。
奴らが巨大化したら、マシンガンとかよりロケットランチャーと火炎放射器が必要だと思います。
それと膨大な電気を放出できる何か。
でも生き残るのは低い確率だろうなぁ。
何考えてるか分からず本能だけで向かってくるものは、人間であれであれ、怖いことこのうえなし。

しかし。
ただのパニック小説だと思っていましたけれども、これは本当に面白いです。


それにしても本を買うのも読むのにも、良い季節となって参りました!
次は同じ作者の「空の中」かな。



そして、長田弘著「深呼吸の必要」
深呼吸の必要深呼吸の必要
(1984/03/20)
長田 弘

商品詳細を見る


これは本当に良かったです。
原田宗典さんが「一冊家にあることで安心できる本」と言ってましたけど、本当にそう。
なにかのノウハウが書いてあるわけじゃないです。
なんとなく、しみじみと語りかけてくる本。

きみが子供から大人になったのはいつだったろう。
なにがきっかけだったのだろう。
赤ちゃんになったのは生まれた時。
子供になったのは、明確な意思が生まれた時。
じゃあ大人になったのはいつ?

・・・いつだろうなぁ。そもそも「大人になったものだ」と、自分で思ったことない駄目な大人なものでして。
純粋な興味や言葉をふるいにかける様になって、それが普通になった頃でしょうかね?
頭では全てみているけれど、「みないふり」をする事柄が多くなったな、と自覚したころですかね?
なんにせよ、ちょっとつまんない感じになった頃でしょうかね?

そんな事をしみじみ考えてしまう本でした。
小説じゃなくて、(長めの)と言う感じで。

仕事や環境が変わることが「節目」とか、10年とか区切りの良い数字の年に「節目」だとか、そういう概念的な節目じゃなくて、小さな事でも心境が変わったり、疑問を持ったりしたときにまた開きたい本でした。


theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。