スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔ながらのナポリタン。

料理カテゴリか読書感想文カテゴリか悩んだけれど、料理カテゴリで。

昨日、ふらりと本屋に寄ったら、よしながふみさんの「きのうなに食べた?」が出ておりました。

きのう何食べた?(4) (モーニングKC)きのう何食べた?(4) (モーニングKC)
(2010/10/22)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


レシピ本としても、普通に漫画として読んでも面白い漫画ですので、ずっと買っています。

そこに出て来た、『ナポリタン』の作り方。
おー、私と一緒じゃん!と思いまして。
というか、料理される皆さんも同じかしら?
ケチャップだけじゃなくて、ウスターソース、入れるんです。
甘めのが食べたい時はトンカツソースを。
それと、めんつゆかコンソメをプラス。

どんなナポリタンになるかというと、「昔ながらのナポリタン」になります。
私の中での「昔ながらのナポリタン」は、小さい頃、おとんに連れてってもらった純喫茶のナポリタン。
テーブル席の半分くらいが、なぜかインベーダーゲーム卓だった。大坂でした。

私、小さい頃の事ってあんまり覚えてないんですが、この純喫茶はとてもよく覚えています。
ゴムの木が並んでて、窓にはステンドグラス風のシールみたいのが貼ってあって、すこし剥がれていたり。
インベーダーゲーム卓の椅子はビロードの布地が張ってある、背もたれのない円柱形のもので。(ゲーセンのやつ)
今から考えると、なんだかそこのテーブルの席は全部低かったような。
マスターみたいな男の人は「いかにもマスターですね!的」な恰好で蝶ネクタイ。
ウエイトレスのおばちゃんは、いつも黒いロングスカートなんですが、上のカットソーはこれでもか!くらい派手で。・・・よく考えたらぎりぎりスナックだったのでは・・・?

そんな「昭和」な風景の中で食べたナポリタンです。
そこでナポリタンを食べた後は、おとんがそこのマスターとかと話してる間、ずっとインベーダーゲーム。おもえば私のゲーム人生はそこから始まったのかも。

で、そのナポリタンですが、(今でもとんかつ屋さんとかにいくと脇に少し盛ってあるとこ、ありますね)麺がふよふよで、甘くて、ものすごくジャンクな味です。
でもねー、そのジャンクさが欲しい時があるんですよねー。

naporitann.jpg

なので、今日みたいな一人ご飯の時は作って食べてます。
今日はタマネギがありませんでした・・・。
本当だったら、ここにタマネギの厚めの串切りを入れて、ちょっとタマネギがしゃきっとするくらいで仕上げるのに!(これもよしながさんの漫画と一緒でした)
添えてあるのは昨日作り置きしたかぼちゃのサラダ。



この漫画に今回、主人公のゲイのカップル(いや、この漫画は設定だけでエグい描写とかはありません)が、もう一組のゲイのカップルを家に招いて食事会をするシーンが出てきます。
料理上手な主人公・筧史郎さんは、
「えー!だって向こうのカップルのヨシさんは料理が玄人はだしな上、オーガニック食材とかに凝ってんだぜ?どーするよ!」と悩む。
「調味料からオーガニックにこだわってるって話聞いたのに、めんつゆとか白だしとか、使っていいんだろうか。」と。
「こっちは普通に必要に迫られた家庭料理しか作ってないんだよなー・・」と。しかし、主人公の相方が「うちのシロさんねー!すごく料理上手なんですよー!」とか言っちゃってるんだな。


その気持ち、すごいわかるよ、筧さん。
(なぜか五・七・五)


何故なら、我が家も人を呼ぶ事があるんですが、決まったメンツで。
その中の一人の男性が、これまた玄人はだしといいますか、凝り性でして。
私の周りには料理する男性が2人おりますが、どちらもすごく凝り性。
限ったことではないんですけど、私が思うに男性の方が料理に凝る人が多い。なんでしょう、突き詰める力が強いのでしょうかね?定食屋さんとかでも旦那さんがコックさんで、奥さんがウエイトレスなところが多いじゃないですか。
私が日々の料理を感覚で作っているのに対して、「これはこうしたからこうなる!」というのをとても考えて作っているのが男性陣。なので、みりんではなく甘めの日本酒を酒屋で買って来て使ってたりします。
あれ?私が適当すぎるだけ?
安ければみりんで全然OKなのです、私は。
すんごく豪華でもなく、まずくもなく、普通に美味しいーと思える料理が一生通してなんとなくできればな、と思っているのですよ。

なので、その男性がうちに来る時、人数が多くなるので(いつもだいたい6人)もってくる食材とかによって、私の方も先行して、なんとなく箸休め的なものをちょこちょこ作っておくんですけれどもー・・・

また、持って来る食材が産地直送の牡蠣だったりね。
うちはそのメンツで一年に1回、牡蠣を広島から直送してもらって食べまくるパーティーをやってるんざんす。
だから生牡蠣と焼き牡蠣とかに合うもので、味を邪魔しないもので、小鉢でひょいっと出せるもの・・・とか毎回考えてるんですけれどもねー・・・やっぱりその料理上手な人が、その小鉢に箸を付けると

「あ、とめきちさん、この先付け、白だしとゆず胡椒と・・・あとなんか入ってるよね?」

とか気がついたりね。「みりんだよー。少しだけどね」とか言ってますけれど。「やっぱり」と言われてすげーなーと思ったり。ほんとちょっとしか入れてないのに。

で、牡蠣のカクテルみたいなの作る時は、もう全面的にその男性にソース任せます。
そしたらね、素晴らしいソースが出来上がるし、私も休めるし。
「グレープシードオイル、ある?」
って。
無い!てか、なにそれ。
和食中心のうちではそんな洒落たもの、置いてないでやんす。
買って来てもらって、舐めてみたら

「・・・オリーブオイルと何が違うのかしら・・・?」

というものでした。
私がわかるのはギリギリで穀物酢と米酢の違いくらいです。
でもやっぱこだわりの違いですかねー。彼の作る物は美味しいです。毎回勉強になったり。
買うものとかも「ケチャップはここの、ピクルスはここのもの。」と決めている。

ちなみに筧さんは私よりな考え方の持ち主。
そこそこのこだわり。でも極める方向じゃないの。
でも、その料理上手な男性に会う時はだいたい料理の話していたり、お花見の時にお弁当用意するのは私だったりするので、不本意ながら「料理上手なとめきちさん」のレッテルを貼られているのです。

そこがね、なんだか共感ありまくる漫画です。



theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

いいな〜牡蠣三昧。
ダンナは牡蠣フライしか好きじゃないんで、
生牡蠣も焼き牡蠣も、もう何年食べてないだろう?
じゅるじゅる・・・(すいません)
グレープシードオイルはぶどうの種から作る油で、
オリーブオイルより、くせも香りもあっさり系だったかな。
きれいな緑っぽい色をしてるんで、一時期はまって、使ってた。(色に惹かれただけ)
料理上手なんて広められた日にゃ、どんなめんどいことが来るかわからんから、時々失敗作を作ります。へへへ(^^;)

>doguuさん
牡蠣はうちの年間の楽しみなんですが、うっかり体調が不安定な時に食べると、なんかテキメンです。牡蠣が2kgくらい送られてきまして、それを6人で食すので、かなりな貪り食い状態。

料理上手なんてねぇ・・本当に懐石料理とか作れる人に対して言うのであれば問題ないんですが、半端者に材料渡して「美味しい!ってもの、作ってよ!」みたいにされると、どーしていいかわからんすw
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。