スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

η(イータ)なのに夢のよう

ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)
(2010/08/12)
森 博嗣

商品詳細を見る


えー、森博嗣さんの本、確か昔読んだことあったと思うんですけど、なんか今回「この人のを初めて読んだんだっけ?」と思っちゃうくらいに、昔読んだ本が分からないわー。

またまた作者の情報に疎いまま購入した本です。というより、私あんまり作者のプロフィール、重視してないんですよね。「作者が数学者」だったりしたら、そういうロジックのある小説なのかなーとか、始めに思ってしまうので、なるべく「予想」は無しで読みたいのです。
買った動機は「タイトルが不思議」でした。

最後まで読んでいくうちに、なんとなく

「あれ・・・これってシリーズの途中?」


と分かってきました。
途中から読んだ私としては分からない事がちょこちょこある。


これは、1体の首つり死体発見から始まっていきます。
その首つり死体は高い高い松の木に、地上12メートルもの高さに吊られておりました。
松の根元には「ηなのに夢のよう」と書かれた鉢巻きが落ちている。

何故そんな高いところで首を吊るのか。
「ηなのに夢のよう」とはなんなのか。


そしてそれから同じメッセージが残された、謎の首つり死体が連続で見つかる。
どれもこれも、「自殺」というには第三者の手がかかっていないと首を吊れないような場所にある。

というお話でした。
ちなみにこの一冊の中で完結はありません。

「ふーーん・・・・え?ええええ?!終わり?!」

と呆然。
シリーズと気がつかずに買った私が悪い。


エレベーターだとか、コンピューターだとか、最後を「ー」と伸ばす言葉の、その最後の「ー」を悉く無くす表記は、この作家さんの持ち味なのでしょうか?すごく違和感ありつつ読んだのですが。
それと、その事件に関わるワカモノ達の曲者っぷりは良いのですが、ちょっと漫画的なノリがあるのは気のせいでしょうか。軽いノリで事件の事を話す、その口ぶりがちょっと劇画チックだなーと思ったのであります。シュールな事件に則して語られるには軽いなぁ、と。これも持ち味なのでしょうか。もしかしてシリーズの始めから読んだら癖になったりするんでしょうか。

ネタバレ↓


















しかし、一つ「うわーこれやだなー」と思ったのは、夜に女の子が彼氏と家に帰って、パソコンを開いたら「ηなのに夢のよう」というタイトルのメールがきていて、本分には「窓の外を見てみろ」とある。
一連の首つりに残されたメッセージと同一であることを知らない女の子は、彼氏がシャワーを浴びてる間にそのメールをいたずらかと思って破棄してしまうけれど、何気に窓から外を覗いてみる。


と、ベランダには、まったく知らない男の首つりがぶら下がっている。


い、嫌だなぁ・・・・。これ、ちょっとゾッとしました。
夜だからね、窓から外見ようと思ったって、室内が明るいから、目をこらすわけでしょう。
「いつもの窓から見える風景を遮るものがある」としていて、無意識に窓から外を見た限りじゃ、日常見える風景をいつの間にか脳が「あるもの」として形成して、認識しているわけですよね。目のピントが意識しなくても、普通に見える筈の建物や公園みたいな「ちょっと遠く」に始めから合ってるわけですよ。元から。
なのに、ものすごく近くに知らん人が首吊ってるのを見たら、ものすごーーーーく、嫌じゃないですか?そもそも、首つり死体なんか見たくないのは当然なんですけれども。
その近くの死体にピントが合う瞬間を想像してしまいました。
しかもマンションの最上階でもないのに、その知らない人は上の階からロープを垂らして、その女の子の家から見えるように首吊ってるわけです。もちろん彼女は施錠して家出てるわけだから、その首つりをした人は屋上からロッククライミングのように降りて来て、わざわざそこで首を吊ったわけです。
しかも上の住人じゃない。

ほんとやだなぁ。

半身浴のお伴で読んでて、この下りで背筋が寒くなりました。


この本は、なんとなくテイストが私好みじゃなかったんですけれど、この首つり死体の意味だけは気になる。
どうしようかなぁ・・・・シリーズ読んでみようかなぁ・・・・。アマゾンのレビューは皆さんシリーズ読んでるらしく、「良い」とされていた。私の間口が狭くて受け入れてないだけかも知れないしなー。もしかしたらすごく面白くなっちゃうかもしれないよなー。

何て事を考えていたら、早く寝るつもりが3時就寝とかになってしまったのでした。








theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。