スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOBO's MUSICの評判。

アンケートとったわけじゃないけど、MIXIの「山崎まさよしコミュ」でのHOBO's MUSICの評判は・・・

すっっっっっごく、良い!

のであった。私も好きなアルバムなので嬉しいな。
特にルナちっく好きな人が多くて嬉しい。発売日とかその次の日、困惑というか戸惑ってる人が多くて、聴いてすぐ能天気に「ルナちっく、いいなー」と思っていた私は「マイノリティーなのかしら・・・」と思っていたけれど、発売から10日程経ったこの頃、「ルナちっく!すごい好きです~!」と言ってる人がたくさん出て来たので、安心(?)しました。

「・・だ、だよね?私、おかしくないよね?ああ、良かった~」


と思ってしまった私は小心者です。
ぼくのオンリーワン、創世歌などなども「好きです!」と言う方の多い事ったら。

「音楽と人」で、今回のアルバムの事を語っておられたけれど、

「人気って言うものに囚われて「人気が落ちる」とか、そういうことに囚われてたら、おそらく音楽にも影響すると思うんよ。例えば人気落としたくないって思ってたら、「ルナちっく」みたいな曲を書かせない自分がいるかもしれんし」


というのはねぇ、ほんとそうだよね、と思う。

音を作る人のことはわからないですけれど、物を作るとき「こうしたい!」という形はいろんな場面で出て来ると思うんです。個人の「こうしたい!」ね。
その範囲は、駆け出しの人であろうが、ある程度商業的な制約の中で物作っていようが、規模はバラバラですけど、あると思うんですよ。じゃないと、たぶん「作る」って原動力にはなり得ないと思うの。

普通の仕事上である制約は、私の場合は企業の理念だったり方向性だったり、個人(企業主)の趣味だったりするけれど、あれだけ人を集めるミュージシャンの制約ってもっともっとキツいものだと思う。キツい割に「その人らしさ」を求める力も強くて。これは大変な事だと思うんです。

「こうしたい!」がその中で通用しなかったら、無理矢理「周りが望むもの」に「自分らしい、かもしれない?」という要素をミックスしてあざとく作ったりして、それを自分に無理矢理納得させるしかね、なくなっちゃうんじゃないかと。でも、そんなものばかり作ってたらね、「本当にこれ、良いものなの?」って常に自問自答していくことになって、結果「自分らしさ」って見失うものだと思う。変な意味、「自分っぽいカバー」になって行くかもしれないですよね。

ツイッターで前に「オレはデザイナーという肩書きを持っているが、つまるところはオペレーターだと思われている」とつぶやいていた、どっかのデザイナーさんがいて、なんだかすごく気持ちが分かって(知らない人なのにおこがましいですけれど)思わずリツイートしてしまった。夜中3時ですよ。その人がつぶやいたのは。ぽつん、と夜中に思ったんでしょうね。私も起きて仕事してたからリツイートしたんですけれども。

私も似たようなもんだ。「●●さんみたいな感じのデザインで」とはよく頼まれる発注で。(その頃は。)その中に「とめきちさんらしさを加えてもらえれば・・」と。私らしさを加えるというのは、この場合、ユトリではなく逆に制約になっていて。
「●●さん、という人のデザインありきで、私らしさ」というイメージが私的にはすごく遠いものでも、私がやってるロゴマークという小さなものの中では、お互い融合して、なにか意味を持たせなくてはいけない。「●●さん」がたとえば巨匠・佐藤可士和さんだったりとかね。そこに私らしさを加味したところでどーなるの、と。なんかいろいろ減退するんじゃなかろうかと。そもそも私から佐藤さんみたいなデザインが生まれるって、たぶん100年経ってもあり得ない。

「私らしさ」、そして「デザイン」って一体ナニ?


とか、ものすごい根源的な事を考えさせられる、夜中でした。
結果、「これは私が作ったって言いたくないなー」と思うものができた案件でしたけど(笑)

こんな端っこにいる私でも、そんな案件一つでチマチマ考え込んでしまうのに、あそこまで大物ミュージシャンだったら、反響も相当なものですし、気にしないでいることは難しいんじゃないかと思うんですよ。
そのプレッシャーの中で15年も、そして今回のような「えー!これって本当に山崎まさよし?新鮮!」みたいなものが出てくるって、精神的にすごく強い人なんだなぁ、と思ったわけであります。

個人的には「人気とか気にしないで、作り続けて下さい」と思う。無責任かもしれないけれど。
多分、言葉ってマイナスの言葉の方が強い。記憶にも残りやすいし。だから、たとえば何か言う人がいたとするなら、マイナスの言葉ばかりを聞いてる感じになりやすい。(特に弱っている時)特にネットとか。
でも「良い!」と叫んでる人もいっぱいいるんだもん。余談ですけど、褒め言葉が通じない、伝わり辛い世の中ですよね。

私は自分の仕事はもう、「私が良いと思わなくても、お客さんが『これ、すごくいいです!』と納得してくれたら、それはそれで成功したお仕事」としてしまっている。同業者にはもっともっとこだわりのある人は多いけれど、お客さんが良いと思うものに、自分なりの達成感をちょっと付け加えて、自分の傷(とは大げさだけど)をすこし浅くして仕事をしている。拘ってる人にとってはすごく中途半端に仕事してるように見えるかもしれないけれど、それはそれでそう思ってくれていいよ、と思っています。だって私みたいな切り売りになっちゃってるデザインは、買ったお客様のものだもん。

だから、他の表現者(友達の画家であれ、もっと大規模で自由なところで物を作る人達)の作品を見て「伸び伸び作ってるなー」と思うと嬉しい。才能がキチンと開放されてて、どんなものであれ、見る人聴く人に何か伝わるものになっていると思う。「羨ましい」とは思わない。ただ、素敵だなぁ、と思います。



...ふおー。
なんだかこんな真っ昼間から眉間にシワ寄せて、なんか重い日記になってしまったわ・・・。
言わずもがなな事を・・・・。

いや、

HOBO's MUSICは良い!


という話だったんですけども。



theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

とめきち

Author:とめきち
クリエイティブ方面、職人行き。フリーです。
Macでいろいろ作る事を生業としてます。
ロゴとかイラストとか名刺とかバンドのポスターとか。
その他、なんかいろいろです。
最近、CDジャケットのイラストとかやるようになりました。


作業中に無限ループしてるのは山崎まさよしさんの曲。
あと、料理も好きです。
お酒も、とてもよく嗜みます。

極フツーのちょっと格闘技に足つっこんだ30代です。
だがしかし、2013年に念願の息子が生まれてからは体動かせてません。
ていうより、妊娠出産を経て体重増えまくってしまったので、
現在は動く以前の問題として、糖質制限しています。
同じような方いらっしゃるかしら?がんばっていきましょう!

大事にしてるものは家族。
現在2歳の息子を中心とした生活です。

TwitterのIDはtomekichi_3だす。
(でもあんまりつぶやいてませんが。)

mixiのHNはきゅー(ひらがな)です。


そろそろ、山崎まさよしさんライブを聴きに行きたいところです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。